無料体験予約

【思い出ごはん】毎日がきっと特別な日になる、あなただけのスパイスを

編集スタッフ:リナ
メイト:Sam

美味しい料理を美味しく食べる。
匂いを嗅ぐと、口に頬張ると、思わずひろがる記憶。
これ以上幸せなことってあるのでしょうか。

一人暮らしをしていると、たまに母親が作ってくれた大好きな料理が恋しくなります。
今回の主人公は、アメリカ南部にあるテキサス州・ヒューストン出身のメイト、Sam。
人懐っこく、話すのが大好きな彼が、とっておきの幸せ料理をレシピと共に話してくれました。

———————————————-

いつだってこれがあれば

僕にとっての特別な日

———————————————-

Sam:
「アメリカ南部の料理といえば、一番先に思い浮かぶのがフライドチキンなんだ。
どこに行ってもオレオフライから揚げバターまで、本当にたくさんの揚げ物料理があるんだけど、やっぱりフライドチキンはどんなものより人気なんだよね。

だからテキサス州に来ればどんなものより簡単に手に入れられるけど、それでもお母さんが家でフライドチキンを作るって決めた日は、いつでも特別な日になるんだよ。

Even though it was very easy to get fried chicken at any point, it was always a special day when my Mother decided that she would fry chicken at home. (Sam原文)

僕にとってはさ、これは田舎の家庭料理の代表とも言えるもので家族と一緒に過ごした大切な記憶なんだよね。

僕のお母さんはそのまたお母さんから教わって、そうやって代々受け継がれているんだけど、みんなそれそれが自分の母親のレシピが一番美味しいって信じてるんだ。
世代ごとにレシピも少しづく変わってきているんだけど、今回は僕が一番美味しいって思うお母さんの味を紹介するよ。」

———————————————-

おふくろの味を日本でも

Sam’s Fried Chicken

———————————————-

<材料>
・骨なし鶏むね肉
・塩
・ブラックペッパー
・ガーリックパウダー

a)
・卵
・タバスコ(お好みで)
・小麦粉
・ケイジャンシーズニング

<作り方>
1.鶏肉の下ごしらえをする

皮を取り除き、軽く叩いて身を柔らかくする。
繊維に逆らって好きな大きさに切り分ける。(繊維に逆らうことで、揚げたときによりジューシーで柔らかく仕上がる。)

お皿に鶏肉を並べ、両面に塩を軽くふる。
サランラップで蓋をして、冷蔵庫で1〜2時間寝かせる。

Sam:
「これは “dry brine”っていうんだけど、これをすることで揚げた後によりしっとりと柔らかくなるんだよ。」

2.衣を準備する a)

冷蔵庫で寝かせている間に、衣を用意する。
ボウルに十分な量の小麦粉を入れます。ケイジャンシーズニングをお好きなだけ入れ、まんべんなく混ぜ合わせる。

Sam:
「僕の好みは写真みたいに小麦粉が少し見えなくなるくらいかな。」

もう一つのボウルに卵を割り入れ、混ぜる。
タバスコを数滴加える。(辛いのが苦手な方は加えなくても大丈夫)
同時に底の深いフライパンに油を2〜3cm入れ、約175°になるまで熱しておく。

3.鶏肉を揚げる

冷蔵庫で寝かせておいた鶏肉を、準備した小麦粉に一切れずつくぐらせる。
その後、卵液にしっかりと全体がカバーされるようにつける。
再び小麦粉を全体につける。

Sam:
「この2度漬け “double dredging”は、衣をよりサクサクに仕上げてくれて、味もしっかりつくから絶対忘れないでね!」

しっかりと熱した油の中に、ゆっくりと入れる。
2分くらい経つと衣が黄金色になってくるので、そうしたらひっくり返して反対面も同じ色合いになるまで待つ。
網やキッチンペーパーの上にあげ、しっかりと冷ます。(大きめのピースを切って、ピンク色が一切残っていないか確認する。)
全ての鶏肉が揚るまで繰り返す。

4.美味しく食べる

完成!
お気に入りのソースをつけて、Sam直伝のサクサクフライドチキンを楽しもう!

Sam:
「いつもと変わらない毎日を特別な日にしてくれる何か、それが僕にとってはお母さんのフライドチキンだったんだ。
僕にはこの記憶がある限り、どんな日だって自分らしく生きることができるんだ。」

=====

このレシピを書きながら、私のお腹はすっかり空いて音を立て始めました。

日本では家庭料理としてあまり馴染みがないフライドチキンですが、今夜は挑戦して、Samのあったかい記憶をお裾分けしてもらうのもいいかもしれませんね。

あなたにとっての特別な日にしてくれるものはなんですか?
音楽でもアクセサリーでも景色でもいいかもしれません。
もしくは毎日のセッションでも見つけれられるかもしれませんね。