英語とカルチャーに飛び込むコミュニティ型英会話

【保存版】英語で「了解」「わかった」の表現って?シーン別「了解」の英語表現・フレーズ33選のアイキャッチ

【保存版】英語で「了解」「わかった」の表現って?シーン別「了解」の英語表現・フレーズ33選

編集スタッフ:ランカル編集部

英語の「了解」を今すぐチェックする

『OK』しか知らず、会話の中でワンパターン化してしまった。
仕事で『了解』と丁寧に言いたいときってどう伝えたらいいの?
目上の人に『OK!』と答えたら苦笑いされてしまった…。

「了解」というと 「OK」 だけが頭に浮かぶ方はいらっしゃいませんか?
もちろんそれも正解なんですが、ビジネスのシーンだとちょっとそれだけだと言葉足らずかもしれません。

そこで今回は、ビジネス、カジュアルの場面ごとに役に立つ色々な「了解」を表す英語フレーズをご紹介します。
この機会に語彙力を鍛えて、より表現力豊かになりましょう!

【 目次 】

1.【カジュアル】了解の英語表現・フレーズまとめ
2. 【ビジネス】了解の英語表現・フレーズまとめ
3. 【番外編】会話形式で身につける!了解の英語フレーズ

1. 【カジュアル】了解の英語表現・フレーズまとめ

まずはカジュアルな場面での「了解」をご紹介します。

ここからは具体的なシチュエーションに分けてお伝えします。

わかった!(内容を理解した時)

got it ! I got it !日常の会話の中でよく使われる表現です。
家族や仲の良い友人間で使うくらいくだけた言い方なので、使うシーンには注意が必要です。

gotchaこれは「I got you!」を縮めた言い方です。
これも日常的に使われている表現です。
映画やドラマで聞いたことある方もいるのではないでしょうか?

sureこれはカジュアルでもフォーマルでも使える便利な表現です。
語尾を上げて明るい口調で言うとカジュアル寄りに、語尾を下げて落ち着いた口調で言うとフォーマル寄りに使うことができます。
便利な言葉なのでぜひ使ってみてくださいね。

ok!

これはもはや日本語といってもいいほどに日本でも定着していますよね。
英語でも同様、カジュアルなシーンで主に使われています。
ビジネスなどフォーマルなシーンではあまり好ましくないため、使うシーンには注意しましょう。

任せて!問題ないよ!(お願いを受けて)

no problem!文字通り「問題ない!大丈夫!」と伝えることができます。
その一方で「どういたしまして」の意味もあります。
カジュアルでもビジネスでも使える便利な表現です。

of courseもちろん」という意味のとてもよく使われる表現です。
何かお願い事をされた時に「Of course!」とだけ答えるのではなく、「Of course!  Leave it to me!(もちろん!私に任せて!)」や 「Of course! Let me do it for you!(もちろん!私にやらせて!)」など語尾に一言付け加えてポジティブな返答にすると相手からも喜ばれるでしょう。

no worriesこの表現は、もともとオーストラリアで生まれたスラングですが、現在ではイギリスやアメリカなどほかの国でも使用されています。
of course!」と同様、相手の依頼を快諾する時に使うと依頼した相手もほっとする一言です。

you got it!これも相手の依頼を承諾する時に使います。
海外のカフェで何かを注文した時に店員さんが「You got it!」と元気よく答えてくれることもあるくらい、カジュアルなシーンでよく使われています。
You got it!」と似ている「I got it!」との違いは必ず確認しておきましょう。

いいね!(賛成・同意した時)

cool!気軽に使うことができるので、カジュアルな場面で本当によく使われますね。
チャットなどでも使用されることが多い表現です!

nice!これも「Cool!」と同様によく使われます。
語尾を少し上げて言うと気持ちも伝わりやすくなるかと思います。

wow!これは「Wow!」の後に少し文を足してもいいかもしれません。
以下の例のように「いいね!」と思ったところを強調して使うことができると、より気持ちが伝わり素敵ですね!

また、 “Wow!” は大袈裟なくらい長めに「ワーオ」と言うとネイティブっぽく聞こえると思います。

awesome!これも聞かない日はないんじゃないかと思うくらい頻繁に使われるフレーズですね。

言われて嫌な気分になる人はいないので、「いいね!」と思うようなことがあれば積極的に言ってみましょう。

確認しました!(内容を確認したことを伝える時)

sounds goodgood」の部分を「great」に変えて使うこともあります!

これは「内容を知らなかったけど、理解した」というニュアンスが伝わるフレーズです。
日本語でいう「なるほど!わかったよ!」という感じに近いと思います。

こんなシチュエーションの際はぜひ使ってみてください。

2. 【ビジネス】了解の英語表現・フレーズまとめ

次はフォーマルな言い方の了解!をご紹介していきます。

わかりました!(内容を理解した時)

I understandシンプルですが、「内容を確認した」ということが確実に伝わるのでおすすめなフレーズです。
カジュアルな場面でもビジネスの場面でも使うことができる便利な表現です。

I got the pointget the point」 は「要点をつかむ」「要点を理解する」といった意味のフレーズです。
似たような表現で「get to the point(核心に触れる)」というフレーズがあるので、混同しないように注意しましょう。

I see your point上記と似たようなフレーズですが「あなたのおっしゃっていることはわかります」という意味になります。

I see your point, but…」と続けて自分の意見は別にあるという風につなげることが出来ます。

お任せください!問題ありません!(お願いを受けて)

certainly!何かを頼まれた時、快諾するのにぴったりなフレーズです。
とても丁寧な表現なので、カジュアルよりフォーマルな場面でぴったりです。

absolutelyabsolutely」の意味は「完全に、全く」という意味ですが、何かを頼まれたときの返答として「Absolutely!」と答えると「もちろんです!」という意味になります。
Absolutely yes!」と前後に「yes」をつけて強調して答えてもいいですね。

これは何かを頼まれた時に「もうすでに取り掛かっていますよ!」というくらいスピーディーに返答をしたい時におすすめです。
上司に大事な仕事を任された時などに使うと、信頼度も上がると思います。
ぜひ覚えておきたいフレーズの一つですね。

これは「喜んで〜しますよ!」という意味です。
仕事の依頼があった時にこの返答をすると、頼んだ相手も安心するような言葉ですね。

円滑なビジネス関係を築くために、こんなフレーズもぜひ使っていただければと思います。

いいですね!(賛成・同意した時)

I agree with〜に賛成です」という意味のフレーズです。
とても便利なフレーズで、「あなたの意見に賛成です」ならば「I agree with you.」で伝わります。
同意を示すシンプルなフレーズですが、ビジネスの場面ではよく使われています。

誰かのアイデアを聞き、そのアイデアが気に入った時に使えるフレーズです。
そのアイデアいいですね!」というニュアンスを含みます。

例えば誰かの企画を聞いた時に、心からすごいなと思えたら一言「Amazing!」と言ってみましょう。
気持ちを込めて言うのがポイントです。

なんていい案なんでしょう!素晴らしい!」というニュアンスで伝わるかと思います。

確認しました!(内容を確認したことを伝える時)

これはビジネスのメールでは本当によく使われている表現です。
かしこまりました」という意味のとても丁寧なフレーズです。
会話というよりはメールで使われることが多いので、使用の際には注意が必要です。

I acknowledged例えば「I acknowledged the schedule.(スケジュールについて承知しました)」という意味になります。

〜の部分をかえるだけで使うことができるためとても便利なフレーズです。
丁寧な表現なので、ビジネスシーンにピッタリです。

3. 【番外編】会話形式で身につける!了解の英語フレーズ

次に会話形式でフレーズをご紹介します。
会話の流れや具体的なシーンから学ぶことで頭にインプットしやすく、また実際にその表現を使う場面を知ることができます。

頭にしっかりと叩き込むために声に出してアウトプットすることも忘れないでくださいね!

カジュアルな「了解」を伝えるシーン

Okey-dokey!」はいわゆるスラングで、友達同士でのカジュアルな会話によく使われる表現です。
軽く返事をする時なんかにぴったりですね。
アメリカの人気長寿番組「シンプソンズ」でもこの「
Okey-dokey!が使われているシーンがありますので、聞いたことがある人もいらっしゃるかと思います。

Yes」と基本的には同じ意味で、相手の言うことを肯定する時に使います。
Yep」や「Yup」と表現し、「Yes」よりもくだけた言い方になります。

よくドラマや映画などでも使われているので、耳を済まして聞いてみてくださいね!

フォーマルな「了解」を伝えるシーン

Certainly!」は何かを求められた時に快諾する表現というのを上記でも説明しました。
その後に「will do」を付け加えることによってスピード感が増し、ビジネスのやり取りにぴったりなフレーズになると思います。

注意しなければならないのが 「I understood」と過去形にしてはいけないこと。

「It is understood(それは理解されている)」を短くしたものなので、頭の中で理解した上で使うようにしましょう。

4. ビジネスではNG!使い方注意な英語フレーズ

最後にビジネスの場面では避けたほうがいい表現をご紹介します。
間違った使い方をして恥ずかしい思いをしないためにも、ここでしっかりと覚えておきましょう。

roger that copy that映画やドラマなどで聞いたことがある方もいらっしゃるでしょう。
でもこれはビジネスの場面ではNGです。
耳に馴染んでいるからついつい使ってしまいそうになることもあるかもしれませんが、カジュアルなシーンだけに留めておきましょう。

alrighty「いいよ〜」のように軽い返事として使うことが出来ます。
しかしこちらもスラング表現なので、ビジネスの場面では避けておきましょう。

これは口語表現というよりはメールで使われている表現になります。
「OK」 の省略形になるため、日本語の「り(了解の短縮形)」と同じような使い方となります。

「り」をビジネスメールで使わないように、この「k」も友人同士のメールのやり取りのみで使うようにしてくださいね。

5. まとめ

カジュアルとフォーマルに分けて様々な「了解」をご紹介してきました。
中には「カジュアルな「了解!」をビジネスのシーンで使ってしまっていた!」なんて方もいらっしゃるかもしれませんね。
でも大丈夫です。
今日学んだことをしっかりとインプットし、正しい「了解」を正しい場面でアウトプットすることで自然と身についていくはずです。
英語はインプットとアウトプットの繰り返しなので、根気強く頑張りましょう。

LanCul英会話では教科書では学ぶことの出来ない、日常的でより実践的な多様な会話を学ぶことができます。
気になる方は下のプレビュー動画をチェックしてみてくださいね。

ネイティブ会話術<プレビュー>

LanCul英会話とは…?

LanCul英会話は、英語上達のインプット・実践知が学べる「オンライン動画学習」をお届けしています。
「オンライン動画学習」は、1本3分から、スキマ時間に実践知が学べて、かかる費用は月々参考書1冊分程度。
アプリでは動画学習のほかカフェとオンラインで気軽に英語のアウトプットができる日本No.1「英会話カフェ」にも参加できます。
今ならすべての学習動画が見放題の無料体験を実施中!

7日間の無料体験を始める