英語とカルチャーに飛び込むコミュニティ型英会話

これで安心!テーマ別すぐに使える日常会話フレーズ集のアイキャッチ

これで安心!テーマ別すぐに使える日常会話フレーズ集

編集スタッフ:Lina

日常会話のフレーズ集をすぐに見る

「今年こそは英語をしっかりマスターして話せるようになろう!」
そう意気込んだものの、なかなか上達を実感せず悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

こんにちは。
編集者のリナです。

 

英語で挨拶英語で日常会話、とっさのコミュニケーションもスムーズにできたらもっと自信がつきそうですよね。

「実際にネイティブの中で使われている日常会話が聞き取れない…。」
「参考書などで勉強したのに実践ではうまく話せない…。」

そんなふうににつまづいて悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

そこで!今回は、
実践の場で使える、もしくは知っておくとスムーズに会話が弾む日常会話のフレーズをご紹介していきますね。
私が過去に陥った、初心者ならではの悩みや失敗も合わせて説明していきたいと思います。

 

初心者がつまづく日常会話フレーズ

「日常会話」と聞くと、ビジネス会話に比べて簡単と思う方も多いとは思いますが、意外と難しいものです。
なぜなら、実際にネイティブが日常で使う自然な表現は学校で学ぶ機会があまりないからです。

“What’s up?”
“How have you been?”

この二つのフレーズを聞いたことがありますか?
これらは実際に頻繁に使われる言葉ですが、私は学校で習ったことがありませんでした。
ですので、毎回このフレーズをアメリカの友達やホストファミリーに聞かれる度に言葉の意味を必死に理解しようとして、返事につまる、ましてや返すことができない、なんこともありました。

“What’s up?” 

これは直訳すると「最近何かあった?」という言葉になります。
実際には「やあ」「元気?」といった特に大きな返答を求めていない挨拶になります。
私はしばらくの間何か出来事を伝えないといけないと勘違いしており、全く見当違いの返答を何度もしたことを覚えています。

“How have you been?”

こちらも直訳すると「今までどんな感じだった?」という意味になります。
しかし実際には、「元気だった?」という意味で使われ、日本人に親しみ深い “How are you?” と似た意味合いになります。
昔の私は過去を遡って答えないといけないと脳内の記憶を巡らせてしまい、必死に考えてとても気まずい雰囲気になってしまったことがありました。

テーマ別 日常会話フレーズ集

学校では教えてくれない、自然な表現をテーマごとにまとめました。

毎日使う!基本の挨拶編

・How are you? 「元気ですか?」
・How are you doing? 「調子はどうですか?」
・How have you been? 「最近どうですか?」
・What’s up? 「やあ!」

基本的には、どの聞かれ方をしても同じようなニュアンスで受け止めることができます。
また、答え方としては

・Fine. 「良い感じです。」
・Not bad, you? 「悪くないよ。あなたは?」
・Pretty good. 「かなり良い感じだよ。」
・So far, so good. 「まあ順調かな。」

などが頻繁に使われます。
“What’s up?” に関しては、“Not much.””Not a lot.”「特にないよ。」と答えることもできます。
無理に答えなくても良いんだと思うと少し気持ちが楽になりますよね。

知ってると便利なよくある質問編

・”What made you come here?”
・”What brought you to Japan?”
 「あなたはどうして日本に来たの?」

理由を聞きたい時、whyを思い浮かべてしまうかもしれません。
しかし、whatで始めると聞き手にも柔らかい印象が伝わり日常会話でも頻繁に使われます。

・”What do you like to do in your free time?”
 「趣味はなんですか?」

常套句とも言えるこの質問。
ついhobbyを使いたくなってしまいますが、こちらの方が広い範囲で好きなことを聞くことができます。

・”What  does it mean?”
 「どういう意味ですか?」

初心者の方がよく使える質問文。
英語は聞き取れたけど、どういうことを聞かれているのかよく分からない時に使えます。
これが言えると、相手は違う言い回しや分かりやすく説明してくれるでしょう。

いつでも使える!超日常会話編

・I work for 〇〇〜.
 「私は〇〇で働いています。」

・I’ve been very busy recently.
 「最近とても忙しくしているんだよね。」

・It’s been a while.
 「お久しぶりですね。」

・I should get going.
 「もうそろそろ行かなくちゃ。」

・I’m into 〇〇〜.
 「私は〇〇が好きです。」

単語としては決して難しくないですが、これらを使うだけで英語がちょっとこなれた感じに使うことができますね。

まとめ

いかがでしたか?

今回紹介したフレーズは、ネイティブの中で実際によく使われる表現方法ばかりです。
これらを難なく使えるようになるだけでも、スムーズなコミュニケーションができそうですよね。
様々なフレーズを使いこなして、是非こなれた感じで英会話を楽しみましょう!